« June 2005 | Main | August 2005 »

入れてみようかな

ザウルス七人七色を読んでいて気が付いたのですが
KeyHelper Appletいれたほうがいいソフトかも・・・・
Zaurusを使ってて気になってましたが、
アクティブのアプリからの
タスク切り替えのたびにペンやら指やらで
画面をクリックするのに不便を感じてました。

しかし!
KeyHelper Appletには
キーボードのみでのタスク切り替え機能がついてる!
他にも

修飾キートグル動作
キーリピート変更
タスク切替
メニュー選択形式のタスク切替
アプリケーションランチャー
メニュー選択形式のランチャー
コマンド/シェル実行機能
qcopメッセージ送信機能
テキスト貼り付け機能

といろんな機能が満載です。
今日はちょっと遅いので
明日にでも入れてみようかな~

で、参考になるサイト:KeyHelper導入ツアー

記号の入力方法

記号の入力方法をネットで検索してまとめてみました。


" Shift + -
{ Fn + Shift + ,
} Fn + Shift + .

SL-C3100でSnes9xをしよう♪

どうやら、Linuxザウルスでエミュも動くようなので挑戦してみました。っていうか、初期化する前にはうまく動いてくれなかったんですがね^^;

さて、Snesエミュの動作までの手順です。

(1)Unzipをインストール
unzip 5.52.arm.jpkをインストール
これで、RomをZipに圧縮したまま遊べるようになります。

(2)LibSDLをインストール
libsdl_1.2.5-slzaurus20050410_arm.ipkをインストール
ちなみに、SL-C3000以外用とSL-C3000,SL-C1000用があるので注意して後者をインストールしてください。

(3)ランチャーZEmuFrontEnd Exをインストール
zemufe_0.1.1-3ex_arm.ipkをインストール
ターミナルで起動も可能ですが、ランチャーのほうが楽ちんです。

(4)Snes9xをインストール
snes9x_SDL-2_arm.ipkをインストール
03/12/01追記のsnes9x/SDL正式版を入れてください。
/home/zaurus/.snes96_snapshots/ にセーブデータがあります

(5)起動の前に
ここまで、作業を進めるとゲームのタブにZEmuFrontEnd Exのアイコンが現れます。このアイコンを長押しして、VGAのチェックを外してください。

(6)やっとゲーム開始
後は、ROMを用意して、ZEmuFrontEnd Exのアイコンをクリックすると、ランチャーを起動しROMを選んで、ゲーム開始。このとき、一瞬、縦画面になりますが、ノープロブレム。

(7)最後に
初期キーアサイン
zaurus 実機
d     A 
c     B
s     X
x     Y
a     L 
z     R
Enter  START
Space SELECT
cancel 終了(quit)

特殊キー
zaurus    内容
1-5      BG表示切替
6-9      state load
Shift+6-9   state save
0        FPS表示切替
Shift+r    reset
Tab      turboモード(おしっぱなし)

しかし、十字キーが左右、上下反転してます;;
いまのとこ、直すすべが見つかりません・・・

今回参考にしたサイト
Emulator for zaurus SL-xxx
Snes9x本体があります。また、ターミナルでのオプションについても簡単にまとめてあります。
atty.jp
有名な阿川さんのサイトです。LibSDLがあります。
これ以外にもいろいろソフトを開発しています。
オゴニゴ.コム
ランチャー ZEmuFrontEnd Exが公開されています。ただこのブログを書いてるときには繋がりませんでした;;
Linux Zaurus Technical Know-how
今回、Snes9xを導入するに当たり、手順を参考にしたサイトです。他にも様々なエミュの導入方法がまとめてあります。また、SL シリーズ Zaurusを持ってるなら一度は熟読しておいたほうが良い記事もたくさんあります。

最初に導入したアプリケーション

初期化したので、またまた環境を戻すためにアプリケーションを導入しました。

何はともあれ、
ターミナル
qpe-embeddedkonsole-ja
   日本語入力欄付きワイド版パッケージ

アウトライン・エディタ
IQNotes Ver2.0.3j.4
テキスト・エディタ
ZEditor v3.3.0
ファイラー
Tree!Explorer QT Ver1.76
コンパイラ
C コンパイラ zgcc 2.95.1
計算機
NeoCal for Qtopia
slcalc
データベース
portabase_1.9_new_sharp_roms.zip

ついでに画面のカスタマイズも済ませました。
Iconの変更方法は
/home/QtPalmtop/pics/
に画像ファイル(私はpng 128*128)に入れておき
設定>ホーム画面 設定 で鉛筆マークを選択することで変更できます。
壁紙(640*480 24bit)は、
設定>画面デザイン設定>詳細設定>壁紙
で変更できます。こっちはCFやSDカードに画像が入ってても本体のほうに自動的にコピーしてくれるみたいです。

変更前
Defult

変更後
Cus
結構見栄えがよくなったような気がします。ちなみにHancomSheetとHancomWordは分かりやすいように変更しました^^


最後に、画面キャプチャー方法は
Fn+Shift+Cでカード(CFやSD)の
/Screen_Files
にビットマップ形式で保存されます。

初期化しました

画面描写が変になって、640*480で画面がさかさまになったまま戻らなかったり、デフォルトが、480*640になったり、画面にゴミが残ったりと使用に差障りが出てきたので、フォーマットしちゃいました。

再インストール自体はあっさり短時間で終わっちゃいますね。拍子抜けです。

購入直後に所有者情報を飛ばして初期設定を済ませ、あとからどこかでできるだろうといろいろ探しちゃった記憶があります。CLIEのときは、設定項目のなかにあったんですが、Zaurusでは・・・結構探し回っちゃいました。


Owner


日本語端末

以前書いたと思いますが
qpe-embeddedkonsole-ja 日本語入力欄付きワイド版パッケージ
を導入しましたが、日本語入力ができませんでした><

blogやらサイトを読み漁ってたら
塚本さんのWalrus,Visit.のLinuxザウルス/SL-C860
解決策がありました!

念のため転載します。

/home/zaurus/.inputrc を作成する。
内容は
set convert-meta off
set meta-flag on
set output-meta on
です。

jp-kon
めでたしめでたし。


ToDoデータが消えた!

仕事でToDoを見ようとしたらなんか動作が変><
プログラムエリアの容量が足りなく、
削除ができないってエラーがでてきます。
しょうがないの再起動することにしました。
すると・・・・
ToDoが起動しません><
予定表++
も起動しません。

うむ~、はやくもリストアか?と思いながら説明書を見てみると
エラーチェックでToDoなどのデータを元に戻せるとのことなのでさっそく実行。

(1)アダプターをつなぐ。
(2)裏のリセットボタンを押す。
(3)OKボタンを押しながら、電源を入れる。
(4)しばらく待つとメンテナンスメニューが出てきます。
(5)ここで、異常チェックを選択。

・・・ToDoデータが異常って表示されてます><

(6)異常のあるデータを削除し、終了を選択
(7)しばらく待つと再起動が終わります。

これで何とかToDoが使えるようになりました。
原因はなんだったんだろうか・・・

購入1週間

とりあえず、りなザウを購入して1週間が経ちました。

デフォルトのデザインでも良かったんですが、
なんとなく壁紙を設定してみました。
雰囲気がガラッと変わりますね。

def_top

これが、

cus_top

こんな感じです。
で、Linuxといえばターミナルということで、
qpe-embeddedkonsole-ja ワイド版を導入してみました。
consol

日本語端末とのことでしたが、
うまく表示されません;;
なにか設定があるのかな?

« June 2005 | Main | August 2005 »