« Sony tablet Sが突然起動しなくなった | Main | 古いノートPC »

OutLook20xxからWindows Live メールへのデータ移行

会社で開発拠点のPC、ネットワーク関連の管理者をしています。
この時期、XPから7への移行が進めらていますが、そこで発生しているトラブル(メールソフトの移行)の回避方法をまとめておきます。


WindowsXPでは、標準メールソフトとして、OutLook Expressがインストールされていますが、
Windows vista、Windows7ではOutLook Expressは使えなくなっており、Windows Live メールをダウンロード/インストールして使用するようになっています。
マイクロソフトが提供しているデータ転送ツールを利用すると、OutLook ExpressからWindows Live メールへのデータ移行は驚くほど簡単にいきますが、OutLook2003とか2007、2010を使用していると、データ移行はしてくれません。

そのため、OutLook2003とか2007、2010(以後、Outlook20xx)から一旦、OutLook Expressに移行してからWindows Live メールにデータを移動させます。

●問題:OutlookExpressの自動インポートを利用する

XPで通常使用メーラーがOutLook20xxの場合、OutLookExpressを起動すると、データをインポートする旨を聞かれ、自動インポートが可能ですが、一部のメールが文字化けしてしまう。

●対策:ツールを利用する

OutLook20xxのデータを一旦、emlファイルに変換し、OutLookExpressにemlファイルを取り込むことで、文字化けを回避できます。

(1) 変換ツール:Outlook Export Toolを以下のサイトからダウンロードし、解凍する。
http://www.yamamototakashi.jp/soft/outlookexporttool/

(2) Outlook Export Toolを起動する。
(3) 全フォルダのエクスポートを選択し、”eml形式(.eml)添付ファイルあり”を選択する。
(4) 名前の付け方を”件名”、送信時間をタイムスタンプにするにチェックを入れ、保存先を指定して、OKを押す。
(5) 保存先に、OutLook20xxのフォルダ構成ごとにemlファイルとして、メッセージがエクスポートされる。
(6) OutlookExpressを開いて、(5)のemlファイルをドラッグ&ドロップで各フォルダにインポートする。
(7) これで、OutLook20xxからWindows Live メールにメールが移行できるようになる。
(8) あとは、データ転送ツールを利用すれば、新しいWindowsにメールが移行される。

----------------------
いくつか有料・無料のツールを試してみましたが、上記のツールを利用するのが一番簡単で確実でした。

« Sony tablet Sが突然起動しなくなった | Main | 古いノートPC »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference OutLook20xxからWindows Live メールへのデータ移行:

« Sony tablet Sが突然起動しなくなった | Main | 古いノートPC »