« Sony tablet Sが突然起動しなくなった | Main | 古いノートPC »

OutLook20xxからWindows Live メールへのデータ移行

会社で開発拠点のPC、ネットワーク関連の管理者をしています。
この時期、XPから7への移行が進めらていますが、そこで発生しているトラブル(メールソフトの移行)の回避方法をまとめておきます。


WindowsXPでは、標準メールソフトとして、OutLook Expressがインストールされていますが、
Windows vista、Windows7ではOutLook Expressは使えなくなっており、Windows Live メールをダウンロード/インストールして使用するようになっています。
マイクロソフトが提供しているデータ転送ツールを利用すると、OutLook ExpressからWindows Live メールへのデータ移行は驚くほど簡単にいきますが、OutLook2003とか2007、2010を使用していると、データ移行はしてくれません。

そのため、OutLook2003とか2007、2010(以後、Outlook20xx)から一旦、OutLook Expressに移行してからWindows Live メールにデータを移動させます。

●問題:OutlookExpressの自動インポートを利用する

XPで通常使用メーラーがOutLook20xxの場合、OutLookExpressを起動すると、データをインポートする旨を聞かれ、自動インポートが可能ですが、一部のメールが文字化けしてしまう。

●対策:ツールを利用する

OutLook20xxのデータを一旦、emlファイルに変換し、OutLookExpressにemlファイルを取り込むことで、文字化けを回避できます。

(1) 変換ツール:Outlook Export Toolを以下のサイトからダウンロードし、解凍する。
http://www.yamamototakashi.jp/soft/outlookexporttool/

(2) Outlook Export Toolを起動する。
(3) 全フォルダのエクスポートを選択し、”eml形式(.eml)添付ファイルあり”を選択する。
(4) 名前の付け方を”件名”、送信時間をタイムスタンプにするにチェックを入れ、保存先を指定して、OKを押す。
(5) 保存先に、OutLook20xxのフォルダ構成ごとにemlファイルとして、メッセージがエクスポートされる。
(6) OutlookExpressを開いて、(5)のemlファイルをドラッグ&ドロップで各フォルダにインポートする。
(7) これで、OutLook20xxからWindows Live メールにメールが移行できるようになる。
(8) あとは、データ転送ツールを利用すれば、新しいWindowsにメールが移行される。

----------------------
いくつか有料・無料のツールを試してみましたが、上記のツールを利用するのが一番簡単で確実でした。

« Sony tablet Sが突然起動しなくなった | Main | 古いノートPC »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17900/58742338

Listed below are links to weblogs that reference OutLook20xxからWindows Live メールへのデータ移行:

« Sony tablet Sが突然起動しなくなった | Main | 古いノートPC »